メンテナンスの重要性及びメンテナンスを受けないとどうなるか

メンテナンスの重要性及びメンテナンスを受けないとどうなるか

業務用のアルコール検知器は、国土交通省より2011年5月1日施行されました
「アルコール検知器の義務化」内【アルコール検知器の保守】にて記載されております。 
違反に対しては 行政処分基準に沿って処理されます。

事業用自動車の運転者の飲酒運転を根絶するため、平成23年5月1日より、運送事業者が運転者に対して実施することとされている点呼において、
運転者の酒気帯びの有無を確認する際にアルコール検知器を使用すること等が義務化されました。

概要は以下のとおりです。

対象となる事業者

一般旅客自動車運送事業者
特定旅客自動車運送事業者
一般貨物自動車運送事業者
特定貨物自動車運送事業者
貨物軽自動車運送事業者
※これらの他、貨物自動車運送事業法第三十七条第三項の特定第二種貨物利用運送事業者も対象となります。

アルコール検知器の備え付け

営業所ごとにアルコール検知器を備える。
遠隔地で乗務を終了または開始する場合には、運転者に携帯型のアルコール検知器を携行させる。
点呼時の運転者の酒気帯びの有無の確認の際のアルコール検知器の使用
乗務の開始前、終了後等において実施することとされている点呼の際に、運転者の顔色、呼気の臭い、応答の声の調子を目視等で確認することに加え、アルコール検知器を使用することにより、運転者の酒気帯びの有無を確認する。

アルコール検知器の保守

運行管理者はアルコール検知器を故障がない状態で保持しておくために、アルコール検知器の製作者が定めた取扱説明書に基づき、適切に使用し、
管理し、及び保守するとともに、次の事項を実施しなければいけません。

毎日確認※
電源が確実に入ること。
損傷がないこと。
※遠隔地で乗務を終了または開始する場合等、アルコール検知器を運転者に携行させ、又は自動車に設置されているアルコール検知器を使用させる場合にあっては、運転者が所属営業所を出発する前に実施すること

少なくとも週1回以上確認
酒気を帯びていない者がアルコール検知器を使用した場合に、アルコールを検知しないこと。
アルコールを含有する液体又はこれを希釈したものを、口内に噴霧した上でアルコール検知器を使用した場合に、アルコールを検知すること。
※アルコール検知器メーカーから販売されているキットを使用することもできます

《国土交通省・自動車総合安全情報より》

行政処分基準等

①点呼におけるアルコール検知器の備えに対する処分基準の創設 (旅客自動車運送事業、貨物自動車運送事業)アルコール検知器の備え義務違反 初違反60日車 再違反180日車
アルコール検知器の常時有効保持義務違反 初違反20日車 再違反60日車
②営業区域外旅客運送に対する処分創設・強化
・(一般乗合旅客自動車運送事業:創設) 初違反20日車×違反件数 再違反60日車×違反件数
・(一般貸切り旅客自動車運送事業:強化) 「臨時・偶発的なものと認められるもの」を削除し、次のとおり強化 初違反20日車 → 初違反20日車×違反件数 再違反60日車 → 再違反60日車×違反件数 ・(一般乗用旅客自動車運送事業:強化) 「反復・計画的なものと認められるもの」を次のとおり強化 初違反20日車 → 初違反20日車×違反件数 再違反60日車 → 再違反60日車×違反件数
③処分の実効性の確保
・行政処分等の公表範囲として、文書による警告を受けた一般貸切り旅客自動車運送 事業者、一般乗用旅客自動車運送事業者、一般貨物自動車運送事業者を追加
・自動車等の使用停止処分において、違反行為に使用された車両を停止する等、停 止対象の車両指定等の基準を明確化(旅客自動車運送事業、貨物自動車運送事業)